興味を引く、社員教育方法は?

同業種の別の会社で研修を行う

自分の会社のみで社員教育を行う場合、どうしても今まで通りの方法しか取る事が出来ないのが一般的です。会社にはそれぞれ教え方のマニュアルのようなものがある事が多いため、そのマニュアルから外れた研修方法を採用する事は難しいと言えます。 そこで、あえて同業他社の研修に自社の社員を参加させることによって、今まで気づく事の出来なかった新しい発見をする事が出来るようになり、社内での仕事の効率もアップします。 また、自分の会社で持っている技術やノウハウを相手先企業に教える事で、お互いの会社が良い点を共有し、より満足度の高い研修を行う事が可能となります。 社員同士のコミュニケーションにも幅が広がりますので、楽しく研修を行う事が出来るのも利点だと言えるのです。

研修のための合宿をリゾート地で行う

社内研修といえば、会社の会議室などで行われることが一般的です。しかし、社内に閉じこもった研修では堅苦しい印象を受けてしまう従業員も少なくありません。 そこで、合宿などのスタイルをとり、リゾート地での研修を行う事により、より新鮮な気持ちで研修を行う事ができる様になります。単に研修を行うのみでなく、レクリエーション等の企画を合宿に盛り込むことによって、社内の人間関係の向上を図ることができるようになります。更に、レクリエーションの中に研修メニューを入れる事によって楽しくビジネスマナー等を学習する事が出来ます。研修を業務として捉えずに、ゲーム感覚の要素を織り交ぜていくことによってより効率的な社員教育が可能となるのです。