身につく社員教育とは?

身につく社員研修はグループ討議を取り入れる

効果的で身につく社員教育を行うにはどうしたらいいだろうと悩んでいる経営者や人事・研修担当者も多いでしょう。ただ、集合研修をやって通り一遍の講義を聞かせるだけでは身につかないのも無理はありません。 効果的な社員教育を行う方法の一つに、グループ討議を取り入れる方法があるでしょう。大人数で討議を行うことは難しい面がありますので、少人数単位でグループを作るのがいいかもしれません。討議をすることによって、自分が気づかなかった切り口に気付ける効果が期待できます。また、なにより、討議に参加することによって、自分の頭で考える必要が出てきます。自分で考える行為が入ることによって、より身につく教育が実施できるでしょう。

身につく社員教育はケーススタディーで学んでもらう

効果的な社員教育を行うもう一つの方法は、ケーススタディーで学んでもらうことです。規定や知識をただ説明したとしても、それが頭に残るのは期待できないでしょう。しかし、成功例や失敗例といった内容と合わせて学ぶことで効果的に記憶として定着することが期待できます。 また、社員が実際に直面するだろうと思われるケースを想定して、Q&Aのような形で教育を進めることで、より能動的に学ぼうという意欲に繋がってくるはずです。社員教育は楽しくやる必要はありませんが、どうしたら興味をもって学ぶことができるだろうと考えて行うことも重要です。そういった工夫が効果的な社員教育に繋がり、最終的には優秀な人材が育っていくでしょう。